大腸内視鏡検査

大腸内視鏡検査とは

大腸内視鏡検査は、肛門から内視鏡を挿入して全大腸と小腸の一部を観察する検査です。大腸ポリープや大腸がん、炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎やクローン病)や出血の原因を調べるのに有用な検査です。また、小さいポリープはその場で切除することもできます。

大腸がんは、食生活の欧米化などの影響により、近年罹患数が大幅に増加しています。特に、男性は胃がんを抜いて最多となり、女性では、がんの部位別死亡率の第一位となっています。大腸がんは、早期の段階で発見されれば治癒率の高いがんです。しかし、早期のうちは自覚症状はほとんどありません。早期発見のために、40歳を過ぎたら、一度検査をしましょう。

辛いがん治療を受けないために、早期発見は最大の予防です

食事やライフスタイルが欧米化したことで、大腸がんは日本人の死因の上位にランクインするようになってきています。大腸がんにはとても怖いイメージがありますが、大腸がんのほとんどは、大腸ポリープが大きくなるにつれてがん化したものです。症状のないうちから定期的に大腸内視鏡検査を受けてポリープの段階で発見し、ポリープを切除してしまえば、大腸がんのほとんどは未然に防ぐことができるのです。

大腸内視鏡検査とポリープ切除は、軽い鎮静剤を使用しながらの検査・手術となるため、ウトウトと眠っている間に終了する、とても楽な検査です。大腸はヒダが何層にも重なっているため、ヒダの奥に隠れているポリープなどの発見が難しいのですが、当院では最新機器を導入し、見落としの少ない検査を行っています。

大腸がんは、進行してから発見された場合、手術や抗がん剤というつらい治療が待ち受けています。そうなれば生活への支障も大きくなります。内視鏡にて治療を受けて治すためには、「早期発見」が何より重要ですから、40歳になったら2年に1回は大腸内視鏡検査を受けることを強くおすすめしています。

このような方に検査をおすすめします

・便秘や下痢が続いている方
・便が細くなってきた方
・便に血液が混じる方
・家族に大腸がんの患者さんがいる方
・40歳以上で1度も検査を受けたことがない方
・急に体重が減った方
・健康診断(便潜血反応)で陽性が出た方
・以前、ポリープを切除した方(年に一度)
・残便感がある方

 

当院の大腸内視鏡検査の特徴

 

ポイント1

痛みの少ない挿入方法
痛みの少ない挿入方法

当院では鎮静剤の必要がないほど痛みの少ない「無送気軸保持短縮法」を導入しています。これは、腸を傷つけずに内視鏡を腸の奥深くまで挿入する検査手法です。他院の検査で痛みを強く感じて大腸内視鏡検査に不安がある方も、当院の大腸内視鏡検査を受けてその痛みのなさに驚かれています。「無送気軸保持短縮法」は、経験豊富な熟練の技術を持つ医師のみが出来る手技です。

ポイント2

最新のCMOSイメージセンサーを搭載した内視鏡

従来のCCDカメラに比べてより高画質かつ鮮明に病変を映し出すCMOSイメージセンサーを用いて、より精度が高く見落としにくい検査を実現しています。挿入するファイバースコープもより細くしなやかですから、挿入性と操作性が向上し、患者様への負担がより少ない検査を可能にしています。

また、高画質化だけでなくノイズ低減も実現していますので、FICE画像による腫瘍病変の発見、そして病変部の境界視認に関してもより鮮明に観察可能です。
CMOSイメージセンサー

 

ポイント3

従来に比べ飲む量を少なくできる腸管洗浄液

検査前に大量の腸管洗浄液を飲むのが大変という声にお応えし、飲む量が少ない腸内洗浄液「ピコプレップ」もご用意しています。ニフレックやマグコロールPでは、約2リットルを飲む必要がありましたが、ピコプレップはたった150ミリリットルを2回だけです。他は、お好きな水、お茶、スポーツドリンクを飲むことで検査が可能です。ピコプレップは味もオレンジ味で大変飲みやすいですが、ニフレックの方が飲みやすいと言う方には、ニフレックをお選びいただく事も可能です。

 

ポイント4

軽い鎮静剤を使用するので、痛みや不快感がほとんどありません
軽い鎮静剤を使用するので、痛みや不快感がほとんどありません

痛みをほとんど感じず身体に優しい「無送気軸保持短縮法」にて検査を行いますが、当院ではさらに軽い鎮静剤も併用しています。ウトウトしている間に検査が終了しますので、「検査が怖い」と感じてしまう方にもおすすめできます。

 

ポイント5

コールドポリペクトミーによる出血リスクの少ない即日ポリープ切除で大腸がんを根治!

大腸がんはポリープががん化することで起こることが多いため、ポリープ切除は将来の大腸がんリスクを大幅に減らします。内視鏡のポリープ手術は開腹の必要がなく、お身体に負担をかけません。また、当院では、高周波通電(電気メス)を用いないコールドポリペクトミー(非通電切除)を導入しています。これは電気メスを使わず、表面の薄い層をはがし取るような切除術で、術後の出血といったリスクを軽減します。その安全性の高さから欧米では大腸ポリープ切除において主流になっています。

 

ポイント6

炭酸ガス送気でお腹の張りなどの不快感を抑え、更に楽になっています
炭酸ガス送気

検査時にヒダのある腸のすみずみまで観察するためには、空気を送り込んでヒダを伸ばす必要があります。当院では、お腹にたまって苦しい空気ではなく、吸収の早い炭酸ガスを送る内視鏡用炭酸ガス送気装置「GW-100」を導入しています。炭酸ガスは空気に比べて約200倍吸収が早いため、お腹の張りがすばやく解消し、不快感を軽減します。また、検査後、おならとして出ていく量も激減します。

 

大腸の病気について

近年の日本では食生活の欧米化に伴い、大腸がんが急増しています。
現在、(社)日本対がん協会の2015年の統計によると、女性のがんによる死亡原因の一位は大腸がんです。

しかし、早期に発見されれば、ほとんどが完治できる病気でもあります。怖いのは、初期段階での自覚症状がなく、ある程度進行してから発見されること。早期発見には大腸内視鏡検査が最適です。

大腸内視鏡記念日のススメ

上記のような事情から、大腸内視鏡検査は本来、異常が出てから受けるものでは「ない」と考えています。ぜひ、年に1回、記念日のようなお休みを取って、受診されてみてはいかがでしょうか。

このような方にお勧めします

40歳以上の方
健康診断で異常値が出た方
便に血が混ざっている方
大腸ポリープの手術を受けたことがある方
便が最近細くなってきた方     など

当院の実績

当院では、大腸内視鏡検査を習慣化していただくためにも、なるべく苦しくない施術に取り組んでいます。もし、検査の苦痛により足が遠のき、がんを生じさせてしまったとしたら、それは医師の未熟さによる責任といえるのではないでしょうか。下記の実績をご確認ください。

<この位置に図が入ります>

当院の大腸内視鏡の特徴

熟練した技術と鎮静剤併用による負担の少ない検査

当院では、空気を入れずに腸をゆっくり丁寧にたたむ「無送気軸保持短縮法」にて検査を行うため、検査時に痛みは少なく、おなかの張りもありません。さらには鎮静剤を併用することにより安心して楽に検査を受けていただけます。

炭酸ガス送気によるおなかの張り感の少ない検査

腸の中をよく観察するために、スコープから空気を送って腸を広げる必要があります。当院では、検査後におなかの張り感をすばやく解消する為に、空気よりも300倍吸収が早い炭酸ガスを使用しています。

細径スコープも用意

過去のおなかの手術による癒着などで挿入が難しい方のために細径スコープも用意しております。そのため当院では今までに挿入できなかった方はほとんどいません。

同時にポリープ切除も可能

検査中にがん化する可能性のあるポリープ(おもに腺腫)が見つかった場合は、その場で切除いたします。小さなポリープは、出血のリスクが少ないコールドポリペクトミーで切除します。大きなポリープや多数ポリープを切除する場合は入院して切除することもあります。

大腸がんは専門病院に即日紹介

大腸がんが見つかった場合は、当日紹介状を作成し、専門病院にご紹介いたします。

出血時の即日緊急検査も可能

突然のおしりからの出血で、大腸に原因があると疑われる場合(憩室出血、虚血性腸炎、大腸がんなど)その場で検査を行うことも可能です。

来院してからの洗腸剤による前処置も可能

ご自宅での洗腸剤による前処置にご不安の方は、来院してからの飲用も可能です。遠方やご高齢の方で入院を希望の方は、ご相談ください。

大腸内視鏡検査の流れ

1検査前日

昼食および夕食はお渡しした検査食を召し上がってください。夕食は20時までに済ませてください。その後は水・お茶・スポーツドリンクは摂っていただいて結構です。飲む量の制限はありません。21時に下剤(センノシド2T)を服用します。特に指示がなければいつも通りお薬を服用していただいて構いません。

2検査当日

検査の5時間前から自宅で腸管洗浄液を2時間かけてお飲みください。飲み始めてから1時間ほどで排便が始まり、2時間ほどで透明な黄色い水様便になります。朝食は召し上がらず(水分はしっかり摂ってください)指定された時間にご来院ください。

3検査

検査着に着替え待合室でお待ち下さい。順番になりましたらお呼びします。検査室にはいったら、まず鎮静剤を投与(希望した方のみ)し検査開始となります。検査時間は10分~20分です。ウトウトと眠っている間に終了します。

4検査後

リカバリー室で目が覚めるまでお休みいただきます。目が覚めたら外来で検査結果をご説明します。その際、内視鏡写真・検査結果用紙をお渡しします。観察のみで終了した方は、食事を召し上がってください。ポリープを切除した方は医師の指示に従ってください。また、1週間は運動、飲酒、旅行はできません。鎮静剤を使用した方は、当日の車・バイク・自転車等の運転はお控えください。

大腸内視鏡検査の費用

大腸内視鏡検査のみ
1割負担2,500円前後 3割負担7,500円前後
大腸内視鏡検査+病理検査
1割負担3,500~5,000円 3割負担10,000~20,000円
大腸ポリープ切除+病理検査
1割負担7,000円~10,000円 3割負担20,000円~25,000円
  • 荒川外科肛門科医院荒川外科肛門科医院

ご予約・ご相談はお気軽に

胃・大腸のことでお悩みでしたら、荒川区にある
荒川外科肛門科医院まで、まずはお気軽にお問い合わせください

  • 03-3806-8213 お気軽にお問い合わせ下さいbottom_tel.png
  • 24時間受け付けております メールお問い合わせ