ピロリ菌検査

ピロリ菌とは

ピロリ菌(Helicobacter pylori)は、胃のなかに生息する細菌で、経口感染する菌です。主に上下水道が整備されていない時期に井戸水などから感染し、感染している親からの口移しなどで広がったとみられています。また、幼少期に感染するのがほとんどです。そのため、インフラが整備される以前に幼少期を過ごされた50歳以上の方に保菌者が多くなっています。

ピロリ菌に感染すると、長期間にわたり胃粘膜に炎症(慢性胃炎)が起こり、加齢とともに胃粘膜の萎縮(萎縮性胃炎)が進みます。さらに進むと胃粘膜は腸の粘膜のように置き換わり(腸上皮化生)、胃がんに進展するとされています。実際に、ピロリ菌に感染すると全くピロリ菌に感染したことがない人に比べ、胃がんのリスクは10倍以上であるといわれています。つまり、ピロリ菌を除菌することにより胃がんの発生をおさえることができます。次世代にピロリ菌を感染させないためにも除菌治療は大きな効果を発揮します。胃に症状がある方は、胃内視鏡検査及びピロリ菌の検査をお勧めします。

ピロリ菌(Helicobacter pylori)は、胃のなかに生息する細菌で、経口感染する菌です。主に上下水道が整備されていない時期に井戸水などから感染し、感染している親からの口移しなどで広がったとみられています。また、幼少期に感染するのがほとんどです。そのため、インフラが整備される以前に幼少期を過ごされた50歳以上の方に保菌者が多くなっています。

ピロリ菌に感染すると、長期間にわたり胃粘膜に炎症(慢性胃炎)が起こり、加齢とともに胃粘膜の萎縮(萎縮性胃炎)が進みます。さらに進むと胃粘膜は腸の粘膜のように置き換わり(腸上皮化生)、胃がんに進展するとされています。実際に、ピロリ菌に感染すると全くピロリ菌に感染したことがない人に比べ、胃がんのリスクは10倍以上であるといわれています。つまり、ピロリ菌を除菌することにより胃がんの発生をおさえることができます。次世代にピロリ菌を感染させないためにも除菌治療は大きな効果を発揮します。胃に症状がある方は、胃内視鏡検査及びピロリ菌の検査をお勧めします。

 

 

ピロリ菌検査と除菌療法の流れ

胃内視鏡を使って胃の細胞を採取し、検査を行うことでピロリ菌がいるかどうかを確認します。この方法では1度の検査で感染の有無が確認できます。

ピロリ菌の除菌に関して、2013年2月以前は健康保険の適用に制限があり、内視鏡検査で胃がんや胃潰瘍・十二指腸潰瘍などの病気が確認された場合のみ適用されていました。現在は、慢性胃炎が確認された時点で適用されるようになっているため、より気軽に検査、除菌治療を受けることができます。

なお、当院では内視鏡以外で行うピロリ菌検査(血液抗体検査、便抗原検査、尿素呼気検査)も行っていますが、そちらは自費診療になっています。

ただし、ピロリ菌除菌による予防効果は、感染初期の方が顕著だというデータもありますので、症状がなくても早めに検査をうけてみることをおすすめします。

 ピロリ菌除菌療法は、飲み薬で行います。1種類の「胃酸の分泌を抑える薬」と2種類の「抗菌薬」の計3種類を1日2回、7日間服用します。「一次除菌薬」と「二次除菌薬」があり、一次除菌で効果がなかった方が、二次除菌を受けることになります。
一次除菌の段階で約8割、二次除菌の段階で約9割の方が除菌に成功します。

薬服用の注意点

抗菌薬を飲み忘れたり、途中で服用をやめたりすると、薬に耐性がついたより強力なピロリ菌に変化する可能性があります。せっかく検査と除菌を行っているのに、服用方法を間違えると逆にピロリ菌の除菌を難しくさせてしまうということです。そのため、処方された治療薬は医師の指示に従って、きちんと飲む必要があります。

除菌治療の副作用

  • 荒川外科肛門科医院荒川外科肛門科医院

ご予約・ご相談はお気軽に

胃・大腸のことでお悩みでしたら、荒川区にある
荒川外科肛門科医院まで、まずはお気軽にお問い合わせください

  • 03-3806-8213 お気軽にお問い合わせ下さいbottom_tel.png
  • 24時間受け付けております メールお問い合わせ