スタッフ紹介

院長 松田 好雄(まつだ よしお)

昭和60年に大腸肛門疾患の専門クリニックとして開院以来、それぞれの疾患に対する理想的な治療を追求してきました。肛門疾患は完治を第一に肛門機能温存および再発防止を念頭に診療しています。大腸疾患は早期発見・早期治療に努めております。今後も更に診断・治療の発展を目指していきたいと思います。

略歴
  • 1968年 横浜市立大学医学部卒業
  • 1970年 横浜市立大学医学部第2外科入局
  • 1982年 帝京大学医学部第1外科講師
  • 1983年 所沢肛門病院勤務
  • 1985年 荒川外科肛門科医院開設
所属・資格
  • 日本大腸肛門科学会指導医・専門医
  • 日本消化器内視鏡学会専門医

副院長 大高 京子(おおたか きょうこ)

肛門の症状は様々な大腸肛門疾患のサインであることが多いです。しかし、肛門ということからどうしても我慢し悪化してしまうことが多いようです(とくに女性)。私としては患者さんが早く受診できるような環境づくりに努めてまいりたいと思います。

 

略歴
  • 1981年 横浜市立大学医学部卒業
  • 1983年 横浜市立大学医学部第2外科入局
  • 2003年 藤沢市民病院消化器外科勤務
  • 2005年 NTT東日本関東病院外科勤務
  • 2006年 荒川外科肛門科医院勤務
所属・資格
  • 医学博士
  • 日本大腸肛門病学会専門医
  • 日本消化器内視鏡学会専門医
  • 日本外科学会専門医
  • マンモグラフィー認定医
  • 産業医

副院長 松田 大助(まつだ だいすけ)

痔の治療は、患者さんの訴えを改善することが第一と考えています。そのためには訴えとなっている病変を的確に診断し、治療法を明確にすることが必要です。患者さんにはそれらをパンフレットなどを用いて分かりやすく説明し、それぞれのライフスタイルにあった治療を進めていきたいと考えております。

略歴
  • 1999年 東京医科大学医学部卒業
  • 2000年 東京医科大学第3外科入局
  • 2009年 荒川外科肛門科医院勤務
所属・資格
  • 医学博士
  • 日本大腸肛門病学会専門医
  • 日本外科学会専門医

 

看護課

看護をする上で、私たちが常に意識していることは、当院はおしりの専門クリニックだということです。患者さんに安心して診察を受けて頂けるように、周りに目を配り、ちょっとしたことにも気を配り、患者さんには思いやりをもって接するよう心掛けています。そのためにはスタッフ間同士でも、常に「気配り・目配り・思いやり」を持ちあいながら業務にあたっています。

事務課

当院のモットーである「気配り・目配り・思いやり」の精神で受付業務を行っています。安心できる環境でおもてなしすることを目指しております。常に待合室の状況をみて、不安を抱えている方にお声掛けしたり、少しでも待ち時間を短縮することが、「私たちの務め」であると考えています。

検査課

当院の検査のモットーは、患者さんに負担をかけず楽に検査を受けて頂くことです。多くの検査を丁寧かつ効率よく行うためには、検査室スタッフ間同士の「気配り・目配り・思いやり」が重要と考えています。熟練の専門スタッフが揃っていますので、安心して検査を受けに来てください。

  • 荒川外科肛門科医院荒川外科肛門科医院

ご予約・ご相談はお気軽に

胃・大腸のことでお悩みでしたら、荒川区にある
荒川外科肛門科医院まで、まずはお気軽にお問い合わせください

  • 03-3806-8213 お気軽にお問い合わせ下さいbottom_tel.png
  • 24時間受け付けております メールお問い合わせ