腹部超音波検査

腹部超音波検査とは

おなかにゼリーを塗り、プローブという機械をおなかに当てて臓器を見る検査です。おもに、肝臓・胆のう・すい臓・脾臓・腎臓を中心に検査します。ゼリーで少しひんやりする程度で痛みはありません。検査時間は15分程度で、脂肪肝、肝腫瘍、胆石、胆のうポリープ、膵がん、腎のう胞、腹水など様々な病気を発見することができます。また、腹痛の原因(虫垂炎や憩室炎、胆のう炎など)を調べるのに負担が少なく簡便にできる有用な検査です。腹部以外に、甲状腺、乳腺、頸動脈等の超音波検査も可能です。

腹部超音波検査の流れ

1検査前日

20時までに食事を済ませてください。水・お茶・スポーツドリンクは飲んでいただいて結構です。寝る前の薬も服用していただいて構いません。

2検査当日

朝食は摂らないでください。水は飲んでいただいて結構です。指定された時間にご来院ください。

腹部超音波検査の費用

腹部超音波検査
1割負担550円前後 3割負担1,600円前後
  • 荒川外科肛門科医院荒川外科肛門科医院

ご予約・ご相談はお気軽に

胃・大腸のことでお悩みでしたら、荒川区にある
荒川外科肛門科医院まで、まずはお気軽にお問い合わせください

  • 03-3806-8213 お気軽にお問い合わせ下さいbottom_tel.png
  • 24時間受け付けております メールお問い合わせ