電話:03-3806-8213
土日診療アクセス良好
日本大腸肛門病学会認定施設日本消化器内視鏡学会指導施設
東京都 荒川区 肛門科 女医 痔 大腸がん|荒川外科肛門科
炎症性腸疾患
内視鏡検査実績
■大腸内視鏡検査
4,846件
■胃内視鏡検査
2,898件
■超音波検査
1,888件

(昨年度 年間実績)

詳しくはこちら
お問合せ 問診票ダウンロード
Mobile Site 上記QRコードよりモバイル専用ページがご覧いただけます。

炎症性腸疾患

大腸および小腸の粘膜に慢性の炎症または潰瘍をひきおこす原因不明の疾患の総称を炎症性腸疾患(Inflammatory Bowel Disease : IBD)と呼びます。

炎症性腸疾患とは

炎症性腸疾患は、「難病」として厚生労働省の特定疾患に指定されています。潰瘍性大腸炎とクローン病は、この炎 症性腸疾患の一つです。両疾患ともに患者数は増加しており、今後も増えていくことが予想されています。自分の病気と治療法をしっかりと理解し、適切な治療をきちんと継続していくことがこの病気とうまく付き合っていくためにも重要です。また、厚生労働省の特定疾患に指定されているので、申請すると医療費の補助が受けられます。

ページトップへ戻る