電話:03-3806-8213
土日診療アクセス良好
日本大腸肛門病学会認定施設日本消化器内視鏡学会指導施設
東京都 荒川区 肛門科 女医 痔 大腸がん|荒川外科肛門科
潰瘍性大腸炎
内視鏡検査実績
■大腸内視鏡検査
4,846件
■胃内視鏡検査
2,898件
■超音波検査
1,888件

(昨年度 年間実績)

詳しくはこちら
お問合せ 問診票ダウンロード
Mobile Site 上記QRコードよりモバイル専用ページがご覧いただけます。

潰瘍性大腸炎

潰瘍性大腸炎は、炎症性腸疾患の一つです。

潰瘍性大腸炎とは

大腸粘膜が炎症をおこし、ただれ、びらんや潰瘍ができる病気です。症状は、粘血便、下痢、腹痛などで、よくなったり悪くなったりを繰り返す病気です。主に20~30代の若年成人に多く発症しますが、50~60代の人にもみられます。

原因

潰瘍性大腸炎の原因は完全にはわかっていません。最近の研究では、もともとの体質や食事などの環境因子が絡み合うことで細菌や異物などから身を守る免疫の調節機構の異常が、この病気の発症や悪化に関与していることがわかってきました。免疫にはたくさんのサイトカインとよばれる物質が関係しています。それらが複雑に影響し合って慢性的な炎症を引き起こしていると考えられています。その一つのTNFαと呼ばれるサイトカインが深く関わっていることがわかってきました。

症状

潰瘍性大腸炎の主な症状は、粘血便、下痢、腹痛などで、これらの症状がよくなったり(寛解)悪くなったり(再燃・再発)を繰り返すことが特徴です。症状が悪化すると、腸に異常にガスがたまったり(中毒性巨大結腸症)、腸に孔があいたり(穿孔)することもあります。発病してから長い期間が経つと潰瘍のできる範囲が広がったり、がん化のリスクが高まったりします。また、腸管外の合併症として関節炎、虹彩炎、結節性紅斑、壊死性膿皮症などの症状を呈することがあります。

診断

潰瘍性大腸炎の病変は、びまん性、連続性といわれ、大腸粘膜の全周にわたる炎症が直腸から連続してみられます。大腸内視鏡検査や注腸造影検査でこのような病変が認められ れば診断がつきます。炎症の範囲によって直腸だけに炎症をおこす直腸型、腸の左側のみ炎症をおこす左側大腸炎型、ほぼ大腸の全部に炎症をおこす全大腸型に分類されます。血液検査では、炎症反応の程度をみたり、貧血や栄養不良が生じていないかなどを調べます。

治療

潰瘍性大腸炎の治療は、重症度によって異なります。比較的軽症の場合は、5-ASA製剤(サラゾピリン、ペンタサ)、ステロイド薬(プレドニン)の内服薬を使用します。直腸型や左側大腸炎型には、ペンタサやステロイド薬の注腸整剤を肛門から注入することもあります。重症の場合は、入院で5-ASA製剤の内服に加えてステロイド薬を点滴します。腸管安静のため絶食とし、中心静脈栄養が必要になることもあります。病状により免疫調節剤 (イムランなど)の内服薬や抗TNFα受容体拮抗薬(レミケードやヒュミラ)を使用することもあります。
これらの治療で改善せずはげしいしょうじょうやが続く場合や、たびたび悪化し社会生活にさしつかえるような時には、大腸を摘出する手術が必要になります。また、潰瘍性大 腸炎を発症して10年位経過すると、大腸がんの発生する危険性が高くなります。大腸がんが発見された場合は大腸全摘術をおこないます。

予後

多くの患者さんは適切な治療で通常の社会生活が可能ですが、寛解と再燃を繰り返すことが多いため、寛解期になっても継続的な治療が必要です。また、あらゆる内科的治療でも寛解とならずに手術が必要となる患者さんもいます。発症して10年位経過すると大腸がんを合併することもあるため、定期的な検査などで病気の状態を把握することが大切です。








ページトップへ戻る