電話:03-3806-8213
土日診療アクセス良好
日本大腸肛門病学会認定施設日本消化器内視鏡学会指導施設
東京都 荒川区 肛門科 女医 痔 大腸がん|荒川外科肛門科
クローン病
内視鏡検査実績
■大腸内視鏡検査
4,846件
■胃内視鏡検査
2,898件
■超音波検査
1,888件

(昨年度 年間実績)

詳しくはこちら
お問合せ 問診票ダウンロード
Mobile Site 上記QRコードよりモバイル専用ページがご覧いただけます。

クローン病

クローン病は、炎症性腸疾患の一つです。

クローン病とは

主として10~20代の若年者にみられ、 口腔から肛門にいたるまでの消化管のどの部位にも炎症や潰瘍を起こします。小腸と大腸 を中心に認め、好発部位は小腸末端部です。非連続性の病変(病変と病変の間に正常部位 が存在する)が特徴的です。症状は、腹痛、下痢、血便などがみられ、発熱、全身倦怠感、 体重減少といった全身症状や痔瘻などの肛門病変を伴うこともあります。

原因

クローン病は、原因不明の炎症性腸疾患といわれています。しかし、近年の研究により、 なんらかの遺伝的要素に食事や腸内細菌などの環境因子が加わり、免疫反応が過剰に働き、 腸の壁に炎症を起こすと考えられています。なかでも、免疫に関わるTNFαと呼ばれる炎 症性の物質が深く関わっていることがわかってきました。

症状

クローン病の症状は、よくなったり(寛解)悪くなったり(再燃・再発)を繰り返し、 患者さんによってさまざまです。また、侵される病変部位(小腸型、小腸・大腸型、大腸型)によっても異なります。そのなかでも特徴的な症状は腹痛と下痢で、半数以上の患者さんにみられます。さらに、発熱、下血、腹部腫瘤、体重減少、全身倦怠感、貧血などの症状もしばしば現れます。また、腸管の合併症として瘻孔、狭窄、膿瘍を、腸管外の合併症として関節炎、虹彩炎、結節性紅斑、肛門部病変などの症状を呈することがあります。

診断

クローン病の病変は、非連続性といわれ、正常粘膜のなかに潰瘍とびらんがとびとびに みられます。また、縦走潰瘍が特徴的で、組織を顕微鏡で見ると非乾酪性肉芽腫といわれ る特殊な構造がみられます。大腸内視鏡検査、小腸造影検査、上部消化管内視鏡検査など を行い、このような病変が認められれば診断がつきます。血液検査では、炎症反応の上昇 や貧血、低栄養状態がみられます。

治療

クローン病の治療の基本は、栄養療法と薬物療法を組み合わせた内科的治療が主体とな ります。内科的治療では効果が得られない症状や合併症(腸閉塞、穿孔、痔瘻)に対して 外科的治療が行われます。
 栄養療法として、重症の時には絶食と中心静脈栄養が必要です。よくなってきたら、栄 養成分剤(エレンタール)という脂肪や蛋白質を含まない流動食を開始します。成分栄養 剤は栄養状態改善のためにも有効です。炎症が改善し普通食に近いものが食べられるよう になっても、脂肪の摂りすぎや食物繊維の多い食品は避けます。
 薬物療法として、主に5-ASA製剤(サラゾピリン、ペンタサ)、ステロイド薬(プレドニ ン)や免疫調節剤(イムランなど)の内服薬を使用します。5-ASA製剤や免疫調節薬は、 症状が改善しても、再燃予防のために継続して投与されます。これらの治療が無効であっ た場合や高い活動性続く場合、瘻孔を合併する場合に抗TNFα受容体拮抗薬(レミケード やヒュミラ)を投与します。
 外科的治療は、高度の狭窄による腸閉塞、穿孔、痔瘻などの合併症に対して行われます。 その際、腸管をできるだけ温存するために、小範囲の切除や狭窄形成術などが行われます。 また、狭窄に対して内視鏡的に狭窄部を拡張する治療が行われることもあります。

予後

クローン病のほとんどの患者さんが、一生に一度は、外科手術が必要になるといわれて きました。近年の治療の進歩により、将来は、手術をする患者さんが減ってくることが期 待されています。多くの患者さんで、寛解導入は難しくなくなっていますが、症状が落ち 着いても、病気は進行するといわれています。治療を継続しつつ、定期的な検査などで病 気の状態を把握することが大切です。














ページトップへ戻る