電話:03-3806-8213
土日診療アクセス良好
日本大腸肛門病学会認定施設日本消化器内視鏡学会指導施設
東京都 荒川区 肛門科 女医 痔 大腸がん|荒川外科肛門科
あな痔(痔瘻)
内視鏡検査実績
■大腸内視鏡検査
4,846件
■胃内視鏡検査
2,898件
■超音波検査
1,888件

(昨年度 年間実績)

詳しくはこちら
お問合せ 問診票ダウンロード
Mobile Site 上記QRコードよりモバイル専用ページがご覧いただけます。

あな痔(痔瘻)とは

単純なものから複雑に枝分かれするものなどいろいろなタイプがあります。

痔瘻(あな痔)について

痔瘻 肛門周囲腫瘍

下痢や免疫が低下している時に肛門にあるくぼみ(肛門陰窩)から細菌が入り、膿瘍を形成する病気(肛門周囲膿瘍)です。肛門の周りが腫れ、痛みが出現し、38度以上の発熱を伴うこともあります。膿が出ると痛みはなくなり、管状のしこりとなったものを痔瘻と言います。

治療法はこちら

治療法

肛門周囲膿瘍は、まず外来で切開し膿を出します。排膿されると痛みは楽になります。その後は痔瘻となり、ほとんど症状はありません。しかし、痔瘻は再発、複雑化、まれにがん化することもあり、根治手術をしなければなりません。

ページトップへ戻る